尚ちゃん先生の【犬そだて。ときどき、子育て。】
横浜中区の【ワンコのひみつきち】代表が自身の出産・育児と犬のトレーニング経験から語る「犬育て」と「子育て」についてのブログです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 愛犬家行政書士「もんりつ事務所」のセミナーに参加してきました!
【「あなたにもしもの事があった時、家族であるペットを守るには?」のセミナーに参加してきました!】

こんにちは!尚ちゃん先生です。「ワンコのトレーニングと子育て」がテーマと歌っておきながら、いきなり違うテーマで
申し訳ありません

だいぶ日にちが経ってしまって恐縮ですが・・・行政書士「もんりつ事務所」代表であり、「ひみつきち」のお客様でもいらっしゃるの西田亜紀さんのセミナーに参加させて頂きました。


場所は「ひみつきち」から約徒歩15分のカフェ、Cikka。愛犬家で犬業界に意識の高いオーナー様、平山様のご協力でワンちゃんも店内OKでセミナーに参加!久しぶりに元幼稚園生の飼い主様にもお会い出来ました。

DSC_1102.jpg

内容は、これからの日本の犬社会が直面せざるを得ない問題の一旦に確実に迫る内容でした。表題のとおりの内容で、特に「日本の高齢飼い主とペット」に焦点をあてたものです。

飼い主さんにもしもの事があったら??それは突然の事故死から長期の治療が必要な難病の発症、認知症、身体機能障害・・・・それは高齢の方だけが遭遇するケースではありません。

飼い主さんにもしもの事があったら??愛犬は、ご家族や親せきに引き取ってもらえるのでしょうか?家族であるペットをどう、守る手段があるのでしょうか?

西田さんは行政書士という立場から、「ペットのための信託」「見守りと後見人制度」「ペットのための遺言」といった現在の法律や制度の中で活用できる手段をお話くださいました。私はそういったことには疎かったので、とても勉強になりました。


DSC_1101.jpg

また、その中でとても印象に残ったお話その①
「セカンドファミリー制度」
あるペットの飼い主さんにもしもの事があった時には、私が第二の飼い主になります」という有償(ただし、そのペットに関わる経費が原則)制度です。まだ実現化はしていませんが、画期的で進歩的な制度だと思いました。

「愛犬手帳を携帯する」
特に単身者の飼い主さんが、お散歩の途中等に事故に逢われた・・・実は、私も会員様から実際にお聞きしたケースでもありました。迷子札には飼い主さんの連絡先は書いてあったとしても、飼い主さん自身の情報や詳しい情報はありません。なので、ワンちゃんや飼い主さんの詳細情報や緊急連絡先などを記載しておく手帳でした。私も1冊、みことの為に頂きました!普及していくといいなと思います。

そして私個人はトレーナーという業種に関わる立場から、「飼い主さんに何かがあり、そのペットと暮らせない状況になったら」何ができるか?必要か?と考えました。

東日本大震災のあと、仙台の被災犬収容所にボランティアに行った時にも、そんなワンちゃん達を沢山見ました。
中には新しく里親を探しているワンちゃんもいましたが、やはりその時にも痛感したことは日ごろのしつけの大切さ。それは、「コマンドや指示がきける」といった事よりも、
「社会化(新しい人や環境を受け入れやすい)されている」
「トイレができる」
「ハウスやケージに入れる」
という「社会と周囲の人に迷惑をかけず、新しい家族に慣れやすい」ことが第一条件でした。

大災害もまた、「飼い主さんにもしもの事があった時」に当てはまるでしょう。

「セカンドファミリー制度」や「ペットと共に入れる老人ホーム」、「ペットのための信託や遺言」など、飼い主さんに「もしも」があった時でも、そのペットたちが生涯を全うできるような方法のお話、とても有意義な時間でした。

業者による大量遺棄や、飼い主が亡くなった行き場のないペットが殺処分になったりといったケースがまだまだ後を絶たないこの日本ですが

ペットたちが「ただの生き物」「商品」ではなく、「いのちある生き物」として大切にされ、その生涯を通して社会と人と共に共存できるために、今日のこのセミナーがその小さな一歩として、広まりを見せていく事が出来ればと思いました。

また、法整備や行政に受け入れてもらうためにも、やはり「社会と他人に迷惑をかけず、飼い主や人と楽しく暮らせるためのコミュニケーション手段としての【しつけ】」が欠かせないと痛感した私です。
私が相手にするのはワンちゃんですが、そんな思いでこれからも【ワンちゃんのしつけ】を続け、飼い主さんたちの意識に訴えかけていければと思います。

DSC_1100.jpg

【行政書士 もんりつ事務所】のセミナーはこの1回ではありません。対象者や、内容を変更しつつ、定期的に飼い主さんに色々なペット業界の事を知って頂くために開催していく予定です。
次回の日程やテーマが決まりましたら、随時お知らせいたしますので、
ご興味のある方はどうぞお声かけくださいね!


育犬、育児ブログ、はじめます。
こんにちは!【N・WanCLUB ワンコのひみつきち】代表の尚ちゃん先生です

【N・WanCLUBワンコのひみつきち】のブログは3月にお引っ越ししましたが、
このページを使って今後は自身のブログを発信していこうと思います。

特に、自身の妊娠・出産、育児をしながらののトレーナーという職業を通して
体験したことや考えた事、暮らしから見えてきた事などを
同じように育児しながらワンコたちと暮らしている『ママ飼い主さん』へ
何か、生活のヒントになる事が発信出来ればいいなと思います

まずは第一段として、動画付きで今の現状をアップしました。


育て、ときどき、子育て①】

非常に私的な動画で申し訳ありません。
息子は現在1歳半、の「みこと」は今年で6歳になります。

【ひみつきち】看板でもある「みこと」は、実は息子の事が好きではありません。が、­息子はが大好き。

この一方通行は、飼い主であり親である「私」が管理し、注意深くお互いの認識を深めて­いかないと
お互いに禍根を残すトラブルになる可能性があると、出産直後から感じていま­した。

子供の関係については、色々な説があると思いますし、犬の性格や環境によってもか­なり差があると思います。
 犬にとって、新生児→赤ちゃん→乳幼児→子供→大人という段階は、なかなかすぐに理解­できることではありません。

犬と子供の関係のトレーニングについては諸説あるとは思いますが、私としては、犬と子­供との間を取り持つために、ある一定のルールを設けながらもそれぞれの「言い分」はあ­る程度公平にしてあげようと思っています。

それは簡単な事、「お互いされては嫌なこと­は、しない」。
全て犬が悪いわけではなく、子供にもある程度犬と接するためのルールを­、小さい頃から教えたり見せることで、
その後の犬と子供の良い関係の手助けになるので­はないかと思いっています。


 さて、子供が苦手な犬・みことと、犬が大好きな息子の距離を縮めよう作戦!
基本は「お互いが近くにいて、触れ合わなくても楽しい思いをする」。

みことは私の事が大­好きで、何かしたくて仕方がない。
息子は犬が大好きで、特にその動きを見ているのが楽­しくて仕方ない。そ

んなふたりのために、私はみことに指示を出し、みことはそれに集中­!
息子は動きまわるみことを見て、楽しくて笑い転げています。

最初は、とにかく息子にみことが捕まらないように、連続指示を出したり、遠隔やレトリ­ーブの指示を出しています。

息子は、私の出す指示(声の指示やジェスチャー)やおやつのあげ方を良く見て、しだい­に真似ることが出来るようになっていくでしょう。
そうすることで、みことと息子の間­にコミュニケーションと信頼関係を築くことができると、
私は信じ、実践していこうと思­います!

ご興味のある方はどうぞ、ご覧ください



リニューアルブログのご案内
【N・WanCLUB ワンコのひみつきち】より、このページへ遊びに来て下さった方へのお知らせです

犬バカ★なおじの【夢をカタチに!!するのだ】ブログは、
2015年3月1日より
エキサイトブログにお引っ越し致しました。


新しいブログは・・・
【ワンコのひみつきち】の毎日Happy★Wanだふる♪ブログ

になります

今後はこちらにて【ひみつきち】の様子をご覧ください。

尚、当ブログは、不定期ではありますが、
【ひみつきち】代表である【尚ちゃん先生】こと堀尾尚子によるコラム等を掲載していきたいと思います
ので
どうぞお楽しみにお待ちください




Copyright © 尚ちゃん先生の【犬そだて。ときどき、子育て。】. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。