尚ちゃん先生の【犬そだて。ときどき、子育て。】
横浜中区の【ワンコのひみつきち】代表が自身の出産・育児と犬のトレーニング経験から語る「犬育て」と「子育て」についてのブログです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


【尚ちゃん先生の【子育て犬育て~怒る事と叱る事】
【尚ちゃん先生の【子育て犬育て~怒る事と叱る事】

子育てと犬育ての共通点や相違点をあれこれ語っています。
もちろん、色々な意見があると思うので、あくまでこれは私の意見です

「怒る」と「叱る」。似ている言葉のように見えて、実に違います。
「怒る」というのは感情の起伏を現す事で、「喜怒哀楽」というように、人間の感情の1つです。


「叱る」というのは、相手にその行動の何が良くなかったのか、どうすることが正しいのかを理解してもらい、次回また同じ行動(あやまち)をしないために相手に伝えるコミュニケーションの手段の1つであると考えています。

DSC_1178.jpg


息子を産み育ててみて改めて痛感した事ですが、「衛生観念」や「常識」は、後から育ってくるモノで、産まれたばかりの時、ヒトは本能のままです。母乳やミルクを飲み、排泄し、要求を泣いて伝えます。(これは犬となんら変わりません)

やがて大きくなり、ご飯は手掴みや床に撒き散らすのでなく、フォークや箸を使って食べること、玄関で靴を脱いだりはいたりすること、ウン○を素手で掴まないこと、などを学んで行きます。

それは主に親が教えることですが、
さすがに我が子が一生懸命作った食事を殆ど食べずに床に撒いたり練って遊んでたり、
ウ○チを手に持って「はい、どーぞ」と手渡ししてきたり、お風呂に本を投げ入れたり……
を目撃した瞬間は【イライラ】どころか怒り爆発!したくなります。。。。
犬育てにも、こんな瞬間は沢山あることです。せっかくお掃除した直後にオシッコされたり、買ったばかりのスカートに穴を開けられたり……。怒りたく、なりますよねぇ~😢
DSC_1172.jpg


けれど、怒鳴り散らす前に深呼吸をして、私はいつも一瞬考えます。
「これはフェアな行動か?自分の感情だけで怒っていないか?」
そして一番大切な事は、「自分のこの行動で、相手が何を学ぶか」ということ。

人間だから、親だって、飼い主だって、怒りたい時もある。
「怒り」の感情は、認めてあげましょう。けれどその感情をそのまま子供や犬(のみならず)にぶつけた結果はどうか?

「子育て」も「犬育て」も、相手と共に自分が育つための勉強(特に忍耐!)だと思います。
「教えられない事は、出来ない」のは、人間の子も犬も一緒。
トイレの場所が判らないのも、お腹が空いて騒ぐのも、元気な子であれば落ち着かないのも、人の子も犬も一緒。
親が、そして親である飼い主さんが、教えてあげなければ、できるようになりません。ヒントは先生やトレーナーさんに教えてもらっても、根気よく付き合い、向き合うのは親と飼い主さんの仕事です。

怒りとイライラをそのままぶつけて「怒る」のか、相手にその行動の何が良くなくて、何が正解かを伝えるために「叱る」のか。決断は親であり、飼い主さんが下すものです。

「こういう時、怒った方がいいですか?」と、飼い主さんから質問を頂く事があります。
「その行動は、叱る事で止んでいますか?その行動の代わりに、こうして欲しいという行動を伝えていますか?」
と私は聞き返すことが多いです。

「感情のまま、怒りをぶつける」ことは薦められませんが、「叱る」事は、100%いけないことだと私は思いません。
ただし、相手に対してフェアな叱りかたをする。相手との相手が何かを学ぶ事が出来るように叱る……
ということを心掛けています。

誉めるより、叱る方が断然難しい。
誉めて育てられるなら、こんな良いことはないですよね。
個人的に、過剰な体罰や、恐怖を煽るような叱りかたをしたいとは思いません。
なぜなら「叱る」ことはコミュニケーションを深める為の1つの手段、「叱ること」は、
相手との理解や関係がより良いものへと発展していくようなもので有りたいと考えています。
そうはいっても、やっぱりイライラ😡⚡してしまうことだってあるんですけどね!

さ~ぁ、深呼吸して、目の前の愛すべき生き物に向かい合ってみましょう!





管理者にだけ表示を許可する






Copyright © 尚ちゃん先生の【犬そだて。ときどき、子育て。】. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。